BitZeny

日本生まれの暗号通貨

日本生まれの暗号通貨

BitZenyの歴史は2014年11月に遡ります。
だれでも手軽に開発、マイニングできる暗号通貨を目指し、
Bitcoinのクローンとして、日本国内の開発者によって誕生しました。
通貨単位はZNY、総発行枚数は2億5千万枚と上限があります。

CPUマイニングに最適化

BitZenyの最大の特徴は普通のPCでCPUマイニングができる点でしょう。
他の多くの仮想通貨は、高価なGPUやASICを使ってマイニングされています。
そのため、専用機器に投資できる一部のマイナーによる寡占状態となります。
BitZenyはGPUやASIC等での採掘が難しく、
一般的なCPUでのマイニングに適したアルゴリズム、
「Yescrypt」を採用しています。

活発なコミュニティ

BitZenyはCPUマイニングによって誰でも手軽に入手できるため、
BitZenyのコミュニティはマイナー達による賑わいを見せています。
また、 BitZenyで決済可能な飲食店、
Twitter上でBitZenyを送りあえるBot
「りん姫(@zenytips)」をはじめとした各種webサービス、
BitZenyそのものなどが有志達によって日夜開発されており、
マイナーのみならず、多種多様な人間が楽しめる世界が広がりつつあります。
もちろん、あなたも例外ではありません。

我々の目指すもの

BitZeny経済圏の成熟とともに人々の生活に定着させ、
活気のある社会を醸成します。

Technical Information

シンボル
ZNY
アルゴリズム
Original Yescrypt-0.5
最大発行枚数
250,000,000枚
プレマイン
0
ブロック生成時間
90秒
難易度アルゴリズム
DarkGravityWave3
ブロック発見報酬
250枚(2017年12月現在62.5枚)
半減周期
500,000ブロックごと
ポート
9253
RPCポート
9252

Links